お酒に関する用語辞典/黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)

お酒に関する用語辞典/ノムホドナルホド

 

■黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)とは

 

体全身の余分な熱を取り除き

その名前の通りアルコールを解毒、

分解する作用を持つ漢方のことです。

 

主に含まれている生薬は

黄連(オウレン)黄芩(オウゴン)

黄柏(オウバク)山梔子(サンシシ)

のこの4種類です。

 

黄連(オウレン)には

炎症を防ぐ効果や、精神を安定させる効果があります。

 

黄芩(オウゴン)には

抗菌、解熱、肝機能の活性化などの効果があります。

 

黄柏(オウバク)には

抗菌作用や解熱作用、炎症を抑える効果などがあります。

 

山梔子(サンシシ)には

解熱効果や鎮痛剤の役割で使われたりします。

 

 

この4つの生薬に含まれる

成分はそれぞれ

 

アルコールを分解したり、

肝機能をあげたり

 

体の余分な熱を取り除き

体調を整える効果をもたらします。

 

 

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)に

含まれる

4つの生薬の効果があれば

二日酔いに大変効くでしょう。


なので、ついつい飲みすぎた日でも

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)の力で

肝臓の働きを助けすぐに体調を整えましょう!

 

三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)

にも同じような効能をもつ

生薬が含まれています。

 

なのでそちらのほうを

服用してみるのも良いかもしれません

自分にあった漢方を見つけましょう!!

↑「いいね」すると最新情報が届きます