お酒に関する用語辞典/霊芝(レイシ)

お酒に関する用語辞典/ノムホドナルホド

 

■霊芝(レイシ)

霊芝(レイシ)とは

 

主に中国で栽培され漢方として

使用されてきました。

 

たくさんの栄養素を含む霊芝は

とても貴重なものとして

重要視されていました。

 

また、

マンネンタケ科の一年生のキノコで、

形態は系統により様々に変化します。

中でも

ベニクスノキタケという霊芝(レイシ)

はとても栄養価が高く

またあまり取れないこともあり

 

台湾の宝」「霊芝の王」「森の宝石

「ルビーマッシュルーム」などと

特別な呼ばれ方をされています。

 

そんな霊芝(レイシ)の肉質は

コルク質で表面は

ニスがかけられた様な光沢があり

日本では「サルノコシカケ」

というのが仲間にあたるそうです。

 

霊芝の種類はなんと62種類あり

多糖類βグルカンやトリテルペンなど

様々な成分が入っています。

 

この成分が最近では

二日酔いや飲み過ぎなど

アルコールを摂取した時に

服用すると効果がある

と言われており、

漢方薬やサプリメントなどが徐々に

注目を集めています。

 

最近の研究では霊芝(レイシ)を

短い期間で栽培することが

できるようになっており、

 

いままで台湾や中国でしか流通

していなかったものが簡単にしかも

お安く手に入れることができるようになっています。

 

もし体調を気にしている方や、

ついつい飲みすぎてしまう方は

霊芝(レイシ)が含まれる漢方

ぜひお買い求めになってみてください。

↑「いいね」すると最新情報が届きます